お問い合わせ
LEO

電話番号 : 13486085502

意志が解決した時か。スエズ運河の妨害によって引き起こされる海運業の危機

March 26, 2021

パナマの旗を飛ばす重い貨物船は第23のスエズ運河の新しいチャネルで座礁動いた。第25現地時間の夕方に、地方自治体は救助し続けたが400メートルの長さの貨物船は海岸に触れ、動いてなかった。道の再開の仕事は根気強く進歩していた。運河のそしての近くの150隻の船に待たせる。

 

スエズ運河のエジプトの権限からのニュースを引用する共同通信社に従ってオランダの専門の救助隊は地方自治体の操作を結合し、引くのにタグボート船の弓の近くで、明らかに砂の使用によって外皮を動かすことを試み河川底地の沈殿物を掘る。関連した役人は日本の専門のチームがまた救助の仕事を結合する第25で明らかにした。

 

スエズ運河の権限の元役員は重い外皮の浮遊物を作るためにそれを示した「」荷を下されるべきで、操作が2か3日以内に完了することが予測した。一方では、専門の救助隊を急派したオランダの会社は貨物船の救助の仕事が「数日に数週を」取るかもしれないことニュースを解放した。

 

レポートは救援活動が満潮の期間の間に集中的に実行されたことを指摘した。外皮を安定させるために荷を積まれる「バラスト水」を排出するためにコンテナー船の重量を減らすためには、計画はまた探検されている。

 

流れを再開するためにスエズ運河のための幾日また更に週かかるかもしれないと推定されている。貨物船が数日の内に脱出できなければ全体的な貿易、サプライ チェーン、船積み、等の潜在的影響があるかもしれない。